俗塵庵サワモト!

今は昔、学生時代に山口県の萩市に旅をしたことがあります。

当時はあの紺野美沙子さんが初々しい主人公を演じていた
NHKの虹を織る
で萩と宝塚が舞台としてフィーバーしていた頃です。

e0009772_10391022.jpg


ご存知のように萩の土地は扇状地になっていて、コンパクトなので
レンタサイクルであちこち、風の吹くまま、気分のおもむくままに
走り回っていました。

そんな時にお気に入りの喫茶店が菊ヶ浜にあった俗塵庵サワモト!

萩焼の大きな茶碗でコーヒーをたてる、いや淹れることでも有名!

ここのご主人の沢本良秋さんのイラスト!ものすごく味がありました。
イラストの一部は萩市の広報誌2002年9月号 P13に掲載されています
元萩工業高校の先生で、当時の萩の町をイラストで描いた
観光マップは秀逸で、未だにあれを超えるものはないと思うくらい!

実に細かい描写は町を知り尽くしていないと書けないと思うくらい。

僕もあの菊ヶ浜と指月城を描いたスケッチをいただきました。

2002年にお亡くなりになり、店も閉店されましたが、あの時の
萩焼の大きな茶碗とコーヒーと沢本さんのイラストマップは
心の中にずっと生き続けています。
by mitsuketai | 2008-09-11 20:20 | アート