一問一答式勉強法!

タイトルに惹かれてこんな本を読んでしまいました(笑)

それが東大生が選んだ勉強法
e0009772_14221932.jpg

いくつになっても勉強をしていかないと世の中についていけません。

ところが年齢を重ねると、だんだん記憶力が退化し、根気も続きません(困)

本を読んでもすぐ眠くなるので、睡眠導入効果としては羊さんを凌駕するくらい(笑)

反対に必要な情報をいかに素早く整理してインプットし、効率よく組合せをして
ジャストタイミングでアウトプットできるか!これが求められる時代。

そこで、自分の頭の良し悪しは別として(笑)東大生が選んだ勉強法は参考になることが多い。

その中でも一問一答式勉強法は自分でも実践していたので、ああ!なるほどと共感(ペコリ)

本を読んでもなかなかインプットできない隊長にとっては
このクイズ式勉強法が性に合っています。

ベジタブル&フルーツマイスター試験の野菜・果物の品目試験の
あの膨大なデータを一問一答形式にしよう!と思いついたのが
なんと試験の1週間前(汗)

必死に作り、細切れの時間に奮闘して反復したおかげで、筆記試験は一発クリアー(笑)

また新たな勉強を始めていますが、一問一答式勉強法でいきたいと思っています(ペコリ)



僕の一問一答集形式はこんな形です!

ニンジンの2つ伝来方向の流れについて簡潔に述べよ。
①13世紀にアフガニスタンから中国に伝えられたもの…東洋種。
②同時期にヨーロッパに渡り、改良されたもの…西洋種。
東洋種の日本への伝来について述べよ
1600年前後に中国経由で伝わり、1612年の古書にはその名の記載あり。
1709年 貝原益軒はその著書「大和本草」の中でニンジンを高く評価し、栽培を奨励。
西洋ニンジンの日本への伝来について述べよ。
橙赤色の短形ニンジンは18世紀に長崎に、明治に横浜に伝えられ、それらの
ヨーロッパ系ニンジンをもとに新品種が育成され、現在のようなニンジン臭の薄らいだ
五寸ニンジン群が生まれた。
ニンジンの生育温度について答えなさい。
16~20℃
東洋ニンジンと西洋ニンジン(短根種と長根種)のそれぞれの品種を答えなさい。
①東洋ニンジン…滝野川長人参、金時人参、唐湊(とそ、鹿児島)
②西洋ニンジン…短根種でベータカロテンが多い。
          チャンテネー、黒田、向陽2号、ベータリッチ
          長人参(国分人参、信州鮮紅、札幌太、中村鮮紅太)
良いニンジンの特徴を箇条書きにせよ。
①葉は病斑のついていない健全なもの。
②根部は濃い赤紅色で光沢のあるもの。
③外皮は滑らかな肌で病斑のないもの
④果肉食は全体が赤く均一なもの。
⑤芯は細く目立たないもの。
⑥光沢があり、硬めで弾力性のあるもの。
⑦しなびていないもの、葉の切り口が乾燥していないもの…鮮度のバロメーター
⑧葉柄部の基部に空洞が少ないこと。
金時人参の濃い紅色の成分は何か
リコピン
カロテノイドについて説明しなさい。
動植物界に広く分布する炭素数40の基本構造を持つ一群の色素の総称。
大別するとカロテン類とキサントフィル類に分かれる。
カロテン類はリコピン、α-カロテン、β-カロテン
キサントフィル類はカプサンチン、β-クリプトキサンチン、アスタキサンチン、ルテイン、ゼアキサンチン
α-カロテンは体内で1分子のビタミンA、β-カロテンは体内で2分子のビタミンAに変換して
効力を発揮する。
トマトやスイカの赤い色素は主にリコピン
カキやとうもろこしの黄色素はゼアキサンチンなどのキサントフィル類
べ-タカロテンについて説明せよ。
活性酸素を抑制する働きがある。
体内に活性酸素があると脂肪酸が酸化され、毒性の強い過酸化脂質になり、
細胞や組織を傷つけることがひとつの引き金になって、動脈硬化やガンが発症しやすくなる。
ニンジンに含まれるアスコルビナーゼについて説明せよ。
ビタミンCを破壊する酵素で、熱や酢酸を加えると失活する。
by mitsuketai | 2008-09-13 14:30 | 教え