Yuzo SAEKI

大阪が生んだ天才洋画家 佐伯祐三の展覧会 佐伯祐三展
天王寺公園内の大阪市立美術館で開催されています。
e0009772_18405442.jpg

わずか30年の生涯の中で、これほど多くの絵画を
残していることには驚嘆以外の言葉は見当たりません。

佐伯祐三の代表作といえば、カフェレストランや郵便配達夫が
有名ですが、いずれも最後の3ケ月くらいに描かれた作品なんですね!
e0009772_18463694.jpg

(※画像は大阪市立美術館のサイトから拝借しております)

初期の作品や1回目の渡仏の頃や帰国した時の作風は
色使いも暗く、人物が描かれていなかったり、描かれていても
無表情なものが多い気がします。

それが1927年の再渡仏から翌年亡くなるまでのパリ時代の
作品はパッと明るくなる作品や絵画のひとつひとつの描写に
嬉々としたイキイキ感を感じるのは私だけでしょうか?

人それぞれ感じるものがあるのも美術展のいいところ!

ところで天王寺公園、学生時代は友人とよく行ったところでしたが
最近は前は通るものの随分ご無沙汰でした!
e0009772_18434997.jpg

以前はホームレスの人がカラオケをしたり、住んでいたりしていたのを
行政代執行で強制撤去されるニュースが全国に流れていました。

今は、入場料が必要となり、その分すっかりきれいになりました。
e0009772_1842582.jpg

大阪市立美術館は昔からありますが、改めてみると立派な建造物です。
e0009772_1842454.jpg

中ノ島に近代美術館を作る構想も進んでいますが、はてさて必要かなあと…(ペコリ)
by mitsuketai | 2008-09-21 18:48 | アート