オランダパンケーキ協会

大阪市北区のオランダ家庭料理の店『アウデ・カース』さんからこんなハガキをいただきました!
e0009772_21273259.jpg

10ユーロのパンケーキ(パンネンクーケン)を注文するとオランダで
家のない人々やボランティア活動をする人々の教育のために
1ユーロ寄付される仕組みです。

このボランティア活動に寄付するキャンペーンの主催は日本オランダパンケーキ協会

なんとその会長が『アウデ・カース』オーナーの富岡 喜久夫さん。

以前、一度ランチでお伺いして、色々とお話しして以来、
律儀にご案内をいただけることに感謝しています。

オランダのパンケーキというのは皆さんのご想像していらっしゃる
ホットケーキタイプのパンケーキとは少し違います。

正式にはパンネンクーケン、ココをクリックしてご覧下さい!

こういう活動って素晴らしいなあ!と思います。

自分たちも美味しく食べて、その一部がボランティア活動の資金に寄付される仕組み

そういえば、昔の実業家は事業に成功を修めたら、何がしかの寄付をされるのが
ステータスみないなものがありました。

バンカーとしての銀行家もこれだ!と見込んだ事業や実業家には
物心両面で援助してきたのは近代史を見れば理解できます。

晴れた日には傘を貸して、雨の日は傘をかっさらっていく
…そんな風に揶揄された銀行もありますが、金貸しと変わりなく、
もはやバンカーではなく金融屋、その割に莫大な損失を出すから
これまたこっけいなのかもしれません。

利益をひとりじめにしたり、世間の手前やビジネス上の優位性のために
目立つ寄付行為をする事業家はあまり感心できません。

寄付というのは自分を成功に導いてくれた社会に対する御礼だと思います。

ただ、成功はしていなくても足なが育英会等のきちんとした募金に
わずかの小銭でも協力させていただくことも素晴らしいと思います。
(今の隊長にはそれぐらいしかできませんが…苦笑)

わずかな、できる金額から少しでも寄付するっていいことだなあ!と…(ペコリ)
by mitsuketai | 2008-09-22 23:17 | 情報発信