どうして経済はおかしくなったのか?

今日、アメリカのグリーンスパン前FRB議長がとうとう自分の過ちを認めました。

そういったことも含め、サブプライムローンとは何か?
色々な本を読んでも小難しく書いている本が多い中で
スパッと分かりやすいのがこの本です(ペコリ)

強欲資本主義 ウォール街の自爆
e0009772_039474.jpg

NYの日本人投資銀行家 神谷 秀樹さんの著作です。

学者の先生方の書かれる本より、実務で経験を詰まれておられる
現役投資家の方が断然分かりやすく、オススメです。

要するにアメリカがモノづくりでなく金融で世界の覇権を握ろうと考え、
世界の富をアメリカに集め、借金してでも消費を謳歌するアメリカの
国民性につけ込み、その空虚なアメリカの消費拡大で世界各国の
輸出が増え、その結果世界経済も見せかけの好景気を作っていた。

それがバブルとなってコツコツと貯めていた全世界の庶民の
税金や富や年金資金を原油、穀物相場で吸い取られてしまったのです。

ここまで、いやこれから到来するであろう冬の時代には、
ゼロベースの範囲内で身の丈にあった生活をするしか
方法がないと思います。

投資という響きのいい、バクチみたいな金融商品での
利ざやを稼ぐことに終始するのではなく、必要とされる
モノやサービスをしっかり、コツコツと積み上げていくしか
方法がないかもしれません。

前川レポートにもある内需拡大も一見聞こえがいいかもしれませんが、
気楽な気持ちで遊び怠けるための娯楽レジャー産業みたいなものを
繁栄させても、意味がないと思います。

以前にも書きましたが、コツコツと勉強し、身近な仕事に集中する。
この本を読んでやはり、自分の意見に近いなあと思ってうれしく
一気に読み進めることができました(ペコリ)
by mitsuketai | 2008-10-24 23:58 | おススメ本