新幹線0系と梅鉢鉄工所

新幹線の0系がとうとう引退する。

今の子どもたちにとっては新幹線は当たり前だろうが、
我々の世代になるとやはりあこがれでした。

初めて乗った新幹線は当然0系、ちなみに初めて乗った飛行機はYS-11

300系や700系、N700系から見れば、ずんぐりしていますが、
その昔はあの形が夢の超特急の流線型だったんですから…

先日も特番で0系が放送されていてハッと思ったのが
あの車輌にあった銘板に“東急車輛製造”の文字が…

その昔、大阪の堺に梅鉢鉄工所という車輌製造会社があったそうです。

その梅鉢鉄工所が帝国車輌となり東急車輛へと系譜が受け継がれているようです。

戦前は省線(今のJR、旧国鉄も戦前は鉄道省の線という意味で)や南海電鉄や
東急電鉄、営団地下鉄の車輌も作っていたそうです。

うちの祖父が戦前経営していたベアリング工場のそばに南海高野線の
引込み線があり、そこから各地に製造した車輌を出荷していたそうです。

うちの母親も叔父も大きなお屋敷や引込み線のことを
小さかったのに鮮明に覚えていることにも驚いていますが…

新幹線0系引退から東急車輛の話をしていると、そんな車輌の歴史が
あったなんて、しかも堺にそんな会社があったなんて…

今や大阪唯一の路面電車でもある阪堺電車のチンチン電車も
最初の頃は梅鉢鉄工所の車輌を使っていたようです。

敬意を表して、梅鉢鉄工所を記念したチンチン電車なんていうのも
走らせてみてもおもしろいんじゃないかなあ…

あくまで個人的感想ですが、そんな企画があったら久しぶりに
乗ってみたいと思っています(ペコリ)

新幹線0系から一気にタイムスリップしてしまいました(笑)
by mitsuketai | 2008-11-27 21:58 | その他