オール国産自給自足の日

12月8日はあの真珠湾攻撃のあった日です!

そこから不幸な戦争に突入していったのですが、
その背景にあるのが、資源を海外に求めなればならない日本の事情。

食糧に限って言えば、カロリーベースでは食糧自給率は40%を切っています。

それなのに、世の中は世界各国の食であふれかえっています。

旅館で出てくる料理を全部平らげると、そりゃメタボにもなってしまう。

宴会に出てくる料理もいわば残飯行きの予備軍!

期限切れのコンビニ弁当は資源の無駄!

どの食品をとってもわざわざ輸入しては残飯を産み出すようなもの!

もし、何らかの有事が発生するとたちまち食糧難になります。

原油がストップするとビニールハウスによる促成栽培なんてできない。

電気はストップすれば、冷蔵や冷凍保存だってできない!

でも巷では、今日も残飯が至るところで発生しています。

そんなことで提案したいのが“オール国産自給自足の日”

本当はセンセーショナルな意味合いも考え、“全国一斉すいとんの日”としたかった(笑)

ひと月か1週間に1回、日本伝統の和食を中心とした粗食の日にするのです。

今の食糧自給率ではこんな感じになる…これをメニューをビジュアル化して痛感してもらう!

当然、摂取カロリーを抑えるから変なメタボ対策よりずっと効果的(笑)

それを繰り返し繰り返し意識づけないと、食糧自給率って何だ!という実感はわかない!

真珠湾攻撃に端を発した太平洋戦争下では、日本の食糧や資源のなさを
十二分に認識したはず!

世界から輸入しまくって胃袋を満たすより、足るを知って粗食の範疇で
食生活を組み立て、たまに贅沢をすると、食べ物もすごくありがたみも
感じるし、味わい深いものになると思うのですが…(ペコリ)
by mitsuketai | 2008-12-08 23:58 | 食育&地産地消