タナカファームに行って来ました!

タナカファームさんと聞いて、すぐピンとこられる方は
かなり初期からのおいしいもの見つけ隊ファンとお見受けします(ペコリ)

そう、あのこだわり有精卵のタナカファームさんです!

メルマガでは2004年12月4日に取り上げています!なんと4年前!
e0009772_23432414.jpg

大阪の洋食界の巨匠 グリルモリタさんも使っています。

香川 引田のかめびし醤油の釜玉うどんの卵もここの有精卵!

富田林の菓子工房yamaoさんが作る田中ファームのプリンは絶品!

知る人ぞ知る、隠れたスゴイ実力の卵なんです。

タナカファームさんにお伺いした訳は来年の1月に分かるとして…(ヒミツ)

正直な第一声は、“行ってよかった!”“あの卵がおいしい理由が改めて分かった!”

国産の小麦や大豆にヒジキに天日干しの魚を焙煎した粉砕した魚粉や
自家栽培した無農薬牧草…人間が食べるのと同じ、いやそれ以上のレベル!
e0009772_234635.jpg

これは言葉じゃ説明できないくらいスゴイこと!

ホント、どれひとつとっても手間と費用がものすごく掛ってしまうのです。

それくらいのことをしないと、あんなにピュアで透き通った雑味を
一切感じない卵はできません。

場所は大阪府と奈良県の県境 河南町の山の中、
清々しい空気とのんびりとした環境でニワトリさんはすこぶる元気!
e0009772_2344469.jpg

なんとここの鶏糞は嫌なニオイが一切しません!それがニワトリさん健康の証拠。

ニワトリさんの肌つやのいいこと!

そしてニワトリさんの世界はメス:オスの比率は15:1という
ハーレム状態が理想なバランスとか2日に1回 エサを召し上がるとか
午前中からお昼ぐらいまで卵をお産みになられて午後はのんびりだとか…

ちなみにココのワンちゃんたちの3時のおやつも生卵!
e0009772_2349347.jpg

実に美味しそうに、しゃぶり尽くされています(笑)
e0009772_23505484.jpg

せせこましい、自然の光が入らない鶏舎でストレスまみれのニワトリさんが
産んだ卵が美味しくない!のもうなづけます。

卵アレルギーもピュアなエサで、のんびりとした環境で
心身ともにご健康なニワトリさんが産んだ卵では症状が出ないことも…

ここまでこだわると、1個:100円でもなかなか採算は難しいのです。

今回、行ってみて改めて認識したことは…

我々生活者はあまりにも自分たちの命を支える食材に対して不勉強であったか!

いつの日にか、こういうことを親子で学びながら、なぜおいしいのか?
なぜ安心できるのか、現地に行って生産者の方々と交流しながら、
解説を行う、おいしいもの見つけ隊流の食と学びの遠足ツアー
やりたいなあ!と痛切に感じた、いい1日でした(ペコリ)

さあ、いつかこの夢を実現するぞ!
by mitsuketai | 2008-12-12 23:53 | 食育&地産地消