おいしい焼餅屋さんのわけ!

先日、乗ったタクシーの運転手さんとひょんなことから食談義!

お互い初対面なので、運転手さんも私のことを食に関係していることなんて
当然ご存じなく、でもなぜか、以心伝心とでも申し上げたらいいのか、
とにかく食に関する話で盛り上がった!

話の最後で、運転手さんの奥さんが関西では知る人ぞ知る、名割烹の
ご関係者であ利、運転手さんの食に対する造詣の深さも知ることに…

決まって、あるうどん屋さんに行くためにご指名いただく初老の紳士の
お話しなど、実に参考になる話を聞かせていただいた。
e0009772_23261619.jpg

そんな中で、ある時、行き先をある焼餅の店にご指名されたお客様。

ちょっと待っててと言って、店内へ…

焼餅をお買い求めになられて、別に2個、運転手さんに…

そこで、私が質問してみた。

その焼餅って、おいしかったけれど、ノドを通った後どんな味だったか
後味がすうっとさわやかに過ぎ去っていくような感じじゃなかったですか?

運転手さん曰く、おっしゃる通りでした。

そこで、またまた2個目をしっかり味わいましたでしょ!

運転手さん曰く、今度はしっかり味を脳裏に叩き込むよう食べました!

大体、おいしいものって後味が残らないものなのです。
だから、このお客様、運転手さんに2個渡されたとお伺いして、
相当、粋なことがお分かりになるお客さんだなあと…

それから運転手さん、その焼餅の店を通る度にあることに気づかれたそうです。

店は古びていますが、いつ通っても、玄関のガラス戸は一点の曇りもなくピカピカ!

その店、ご主人と奥さんのふたりで切り盛りされ、売り切れ次第営業終了!

その奥さんが店の隅々までいつもきれいに掃除をされているご様子。

私の推測ですが、たぶんご主人さんの道具の手入れも行き届いていると思います。

食べ物も含め製品やサービスは究極のところ、人なんです、人間性なのです。

しかも目に見えない部分での人間性がモノや接客サービスに投影されるのです。

コレは不思議なことですが、80~90%の確率で当たると思っています。

特に基本の部分にこそ、真面目さが求められるのだと…

今度、一度買い求めて食べてみたいとウズウズしてきましたが(笑)
素材の吟味から製法、鮮度、品質までこだわりぬいていると思います。

話を聞いただけで、ワクワクしてくる、お話しされた運転手さんの
お人柄も素晴らしいので、ますます焼餅とのいいご縁ができそうな予感(ペコリ)
by mitsuketai | 2008-12-14 23:23 | おいしい逸品