ジェットコースター現象!

一体、あの原油高は何だったのだろうか?

生産現場で使うA重油もピーク時 リッター当たり120円が今や59円!

9月頃には先行き不透明な原油価格を考え、ボイラー等に影響が出るのを覚悟で
A重油をC重油に変更したり、重油ボイラーからガスボイラーに変更したりと
右往左往した生産現場が多いと聞く。

そうすると今度は重油が下がり、ガス代が値上げ!

こういう時には嵐が通り過ぎるまでじっと耐え忍ぶのがいいのだが、
実際、その局面になると、なかなか出来ないのが人間の悲しい性。

変更しなかった現場では赤字覚悟での操業を余儀なくされるところも…

結果的にはそのピークも3ケ月間であったことに気づくが、
バブルとか乱暴な相場の渦中にある時は人の神経経路に
異常な電流みたいなものが流れて、冷静さを失うこともある。

名づけて、ジェットコースター現象!

急激に上昇したものは反動となってまた急激に下がる。

その急激な変化に振り落とされ、大きな犠牲が出る。

昨年まで自動車産業も含め史上最高益の好決算を出した企業が
軒並み減収減益どころか、あの超優良企業トヨタまでもが赤字。

あの史上最高益はどこにいってしまったのか?

派遣や非正規社員をうまく使っての利益創出もあったかもしれない。

何事もステップ・バイ・ステップ!

急激に太ると、内臓機能に支障をきたすのと同じかもしれない(苦笑)

単なる合理化による数字の利益追求じゃなく、継続を基調とした戦略も必要。

攻めに強い戦略は、一度守勢に回ると案外弱いのかもしれない。

そう考えるとしたたかに耐え忍ぶ、守りに強く、一見無駄とも思える
遊びの部分で周囲が落ち込んでいる一瞬を突く守備を中心とした
戦略モデルが実力を発揮するかもしれない。
by mitsuketai | 2008-12-19 22:09 | 教え