仕事じゃなく志事(しごと)を目指そう!

100年に一度の金融危機といわれています!

たぶん金融危機だけじゃなく、経済も社会構造も100年に一度の
変革の時代に入ってきていると思います。

安穏として暮らせる時代じゃなくなってきたことは確かかもしれません。

企業にお仕えして、事を成そうとしてもその企業が
もはや雇用の維持を簡単に放り出す時代。

かと思うと、これが本当にプロの仕事っていえるの?
しかもいい加減にしていても、何も気にならない

それどころか私利私欲や自分だけがよければいいという私事(しごと)に
終始している方々も多いと聞く。

明治維新や敗戦後の日本からの復興に際して私たちの先達は
仕事や地位や名誉に関係なく、自分の与えられたことで世の中に
貢献するといった潔い志(こころざし)を持って、難局にあたって
こられたように思います。

そういう志を持った仕事、つまり志事(しごと)が消え失せてきたことが
この100年に一度の危機を招いているような気がしてなりません。

たとえ小さくても、たとえ少しの人のお役に立てられないにしても
私たちひとりひとりが自分の関わる業務を通して、様々な形で
世の中に貢献していくことが求められる時代になってきたと思います。

今回の100年に一度の経済危機、人々が人間らしく、共存共栄できる
ための正常化への揺り戻しであってほしいと願っています(ペコリ)

おいしいもの見つけ隊どっとこむのホームページはこちら!

↓下の記事もアップしていますので、ご笑覧下さいませ!
by mitsuketai | 2009-02-01 21:57 | 教え