いちごミルクの素

今日、どうしてもイチゴジャムを作りたくなった!

スーパーで小粒のあまおうを買ってきて、ジャムというより
いちごコンポートに近いジャムを作ってみた。

作り方はいたって簡単そのもの(笑)

2パックのイチゴ(あまおう) 300g×2パック
グラニュー糖          450g
レモン              1個

1.イチゴはヘタを取って、きれいに洗う。
2.ホーローの鍋に並べて、グラニュー糖をふりかける。
3.その上にレモンを搾ってふりかける。
 ※ここでイチゴに浸透圧でレモンと砂糖を染み込ませる。
4.2と3の作業を2回ぐらいに分けて、そのあと1時間くらいそのままにする。
5.4で寝かせておいた鍋を30~40分弱火でコトコト煮つめる。

これでいわゆる粒ジャム(プレザーブスタイル)ができます。
e0009772_2040481.jpg

ペクチンを一切使っていないので、出来立ての時には
余熱の関係でとろりとしたイチゴ蜜のような感じになります。

実はここからが最大のお楽しみ!

このイチゴ蜜をミルクで割るのです。

いわゆる、これがイチゴミルク!

このイチゴミルクがたまらなく、おいしい!

うっかり写真を撮り忘れるほどのおいしさ!

よくスーパーで売っている粉末のいちごミルクの素なんてお呼びじゃない(笑)

やっぱり液体でなきゃ話にならない!

皆さんも一度お試しあれ!ミルク嫌いのお子さんは一気にミルク好きになるかも(ペコリ)

おいしいもの見つけ隊どっとこむのホームページはこちら!
by mitsuketai | 2009-04-05 20:58 | 野菜のソムリエ