2007年 06月 02日 ( 1 )

今日のポイントは省エネをしないと、食べ物の値段が上るだけでなく、
極端な言い方をすれば、食糧危機の可能性も高い!ということです。

以前のブログバイオエタノールの話をしました。

ご存知のように、サトウキビの最大生産国であるブラジルでは
サトウキビからバイオエタノールへの精製が急増しています。

そのため、オレンジの果樹が伐採され、儲かるサトウキビ畑に
転換されています。

皆さんが口にされているオレンジジュースは大半がブラジルからの輸入。
e0009772_2084285.jpg

こういう連鎖で砂糖やオレンジ果汁の値段が上ってきています。

トウモロコシもバイオエタノールへの需要が高まり、ここから
油やマヨネーズ、そしてトウモロコシ飼料の価格が上る関係で、
牛肉や豚肉等の肉類も価格がアップします。
e0009772_2010514.jpg

小麦も同様にバイオエタノールへの需要が高まるので、
小麦を原料とするパンや麺類、ケーキ等の洋菓子の価格が上ります!
e0009772_20173888.jpg

これまでは為替が円高であったため、メーカーも泣く泣くコスト上昇分を
吸収していたのですが、このところの円安ユーロ高で我慢も限界。

何らかの糖分が含まれる農産物は酵母によってエタノール
精製できるので、このままでいくと、需要と供給のバランスによって
コストが上昇して、販売価格がアップするのは必至です!

家計を預かる奥さん!スーパーの特売は逃さないように(笑)

確かにバイオエタノールは石油や石炭などの化石燃料に比べると
環境には優しいかもしれませんが…
e0009772_20114560.jpg

よく考えてみると、値上げだけで簡単に済ますことはできません!

大事な食糧が燃料に持っていかれるのです!

地球上では多くの人々が飢えに苦しんでいます。
飽食の国、日本も輸入がストップすれば大変です!

バイオエタノール云々と言う前に、
本当に大切なことは実は“省エネ”なのです。

“省エネ”は地球を救うし、食卓を豊かにしてくれるのです。

もっとも、食に関する“省エネ”は食べ過ぎない、残飯を残さない!ですが…(苦笑)
by mitsuketai | 2007-06-02 20:18 | 社会問題