2010年 09月 25日 ( 1 )

臥薪嘗胆

中国漁船衝突事件、正直申し上げて中国いや正式には
中華人民共和国指導部の対応には目に余るものを強く感じる。

名もなき小市民がブログで吠えても仕方がないが、やはりやるせない(怒)

※以下、中国=中華人民共和国とする。

今度は謝罪と損害賠償まで求めてくるとは…

もともと統治のためなら人権思想も抹殺するくらいの
法制度しかもたない指導者しかいないのだから無理もない!

刑法上、日本の艦船が被害を受ければ、日本の刑法なり
関係諸法が適用されるのは当然のことである。

先日のブログでも書いたが、アメリカにも中国にも
なかよし的国際協調なんて通用しない。

ただ、今回履き違えたのは、中国の狡猾さを見過ごし、
普天間問題で対米関係が冷え切ったことにもある。

中国の狡猾さを知らずに、擦り寄った鳩山政権にも問題はある。

アメリカにすれば、困った時だけ頼られても…
 
その弱みをズバッと突いてくるのが中国流。
 
ではどうすればいいのか?

まずは、普天間問題の日米合意を着実に履行し、
日米関係を好転させること。

その分、沖縄の負担軽減や危険防止対策、
米兵問題等を日米できっちりと対策を行うこと。

ただ、アメリカの眼も今や日本から中国に向けられている。

その点、中国の勢力増大はアメリカの国益にもそぐわないこと、
そのためには日米関係の強化が重要であることを認識させる
普段の努力もしていかなければならない。

何と言っても中国はアメリカに干渉されることを極度に恐れている。

相手が相手ならば、最も嫌がることをねちっこくやるしかない!

さもなくば、沖縄は中国の属領になってしまうかもしれない。
 
次には、中国への経済依存度を薄めること。 
 
今、中国での市場開拓や中国人観光客を
取り込まないと、日本経済は成り立たないという。
 
しかしながら、中国という国は映画のセットみたいなもの。

映画のセットのようにみせかけの看板の裏側は…?

対外的な窓口である沿海部の発展と内陸部の貧困のアンバランス。
 
中国の発展というのは、人口が多い=市場規模が大きいとう構図のもとに
日本を筆頭に人口減少で市場に行き場を失ったマネーが流入しているにすぎない。

諸行無常、盛者必衰のごとき、繁栄を謳歌している慢心、傲慢が一番怖い。

表面上隠れているだけで、中国内部の格差問題は深刻かもしれない。

人民が格差問題に目覚めれば、統制不可能に陥る危険性もある。

そうなれば一斉に流入していたマネーはあっという間に流失してしまう。

その時の影響はもっと大きいことを考えておくべきである。

猫も杓子も中国という考えはバランス感覚を欠くものである。

しかも民族問題という大きなアキレス腱も抱えている。
 
その矛先を領土問題に矛先を向けさせているように思う。 
 
今回の中華人民共和国指導部のエスカレートぶりを見ていると
相当焦っている感じも伝わってくる。

因果応報という言葉のように、目に余る行為がエスカレートしてくると
それが跳ね返ってきて想像を絶することがごく近い将来起こりうることもある。


人民元に対する圧力が高まると、中国経済もどうなるか分からない。
 
もっとも、その際、被害を被るのが名もなき人民であることは悲しいのだが…(困)

日中関係というのも本来、相互互恵でなければならない。

日本も中国との関係が緊迫すると大変なことになる。
 
それ以上に中国も日本との関係が断絶となると相当なダメージもあるはず。

レアアースの禁輸といった問題も、世界に冠たるリサイクル技術を
駆使すれば、スクラップから供給をまかなうことも可能では…

日本経済も従来からの量的拡大志向から質的充実志向へと変換する時に…
 
使い捨て、浪費、遊興に耽っているぜいたく志向から質実剛健へ

中国からもアメリカからも崩せない精神性の高さを…
 
戦前の日本人の精神性の高さ、忍耐強さ…

何があろうと、毅然として対応してくる。

アメリカも中国もこれを一番恐れているのである。

だからこそ、あれやこれやと難癖つけて解体してくるのである。 
 
おとなしく、粛々と将来を見据えて、一寸の虫でも五分の魂のごとく、しっかりした国家感を築く。 
 
まさに臥薪嘗胆。

なかなか手ごわい、いい気になって手を突っ込むと大怪我をする。
 
その反面、ヒューマニスティックな一面も併せ持つ。 

何もかも媚びへつらうばかりが全てではない(ペコリ)
by mitsuketai | 2010-09-25 19:41 | 社会問題